矯正で改善できる悩み

矯正で改善できること

支障はないけど歯の矯正の必要性

日常生活にさほど支障がない歯並びの悪さでも歯科に行くと矯正を勧められるケースも多いです。日常生活で支障がなくとも知らないうちに歯磨きの磨きにくさで他の歯へ影響を与えていたり、噛みにくく他の歯ばかり噛んで知らないうちに負担になっている、発音しにくい、口元に衝撃があった場合、出っ歯や八重歯などの場合、口腔内を傷つけるリスクもある等が考えられます。また今は綺麗な歯並びでも成長とともに歯並びが悪くなるケースもあり、矯正が必要と言われた場合には何らかのリスクを背負っていると感が手も良いでしょう。

矯正歯科受診で気を付けること

矯正歯科では大人でも気軽に矯正ができるよう、装置器具を目立たないものにしたり、通常は歯の表面につけるものを内側につけたりと工夫をしています。大人の歯の場合、子供と違い顎の成長が止まっているため、歯を動かすには時間がかかります。そのため見た目が悪い状態が長く続き、営業職など人と触れ合うことの多い職業では気になることが多いです。矯正歯科では職業や生活パターンに合わせてつける装置を考えてくれます。どのようなタイプのものが良いか、あらかじめ考えておくと良いです。

↑PAGE TOP